Profile

  • そら広場

    そら広場

    そら広場は、プラントハンター西畠清順が代表を務めるそら植物園のオフィシャルクラブ。
    植物が好きなひと、植物のある生活を楽しむひとたちが集まっているクラブ活動です。
    クラブメンバーになると、毎年秋に、プラントハンター西畠清順が選んだ植物が届きます。他にも、わいわい楽しいことをみんなで企画したり、そら広場限定の農場ツアーへの参加、各種関連イベントへの招待、提携ショップでの割引など、植物を通したさまざまな特典があります。
    また、無料で登録できるメールマガジンのメンバーも募集中!そら植物園ならではの情報をいち早くお届けします。

    ※そら植物園オフィシャルクラブ「そら広場」は、PC、スマートフォン、タブレットでのみご利用可能となっております。

  • そら植物園 そら植物園 そら植物園 そら植物園

    そら植物園

    そら植物園は2012年に「ひとの心に植物を植える」をコンセプトにプラントハンター西畠清順が立ち上げた活動です。

    植物を届けることはもちろん、ランドスケープのデザインや造園工事など、各種緑化事業、イベントや撮影現場での空間演出、講演・執筆活動、植物にまつわるあらゆるアドバイザー業務など、企業、行政機関を中心に様々なクライアントから寄せられる多様な依頼を、これまでになかった切り口で次々と成功させ、植物の素晴らしさと魅力を広げる活動を行なっています。

    https://from-sora.com

  • 西畠清順

    西畠清順

    にしはた せいじゅん / Seijun Nishihata
    そら植物園株式会社 代表取締役


    1980年10月29日生まれ。兵庫県出身。
    21歳から日本各地・世界各国を旅してさまざまな植物を収集し、依頼に応じてコンセプトに見合う植物を届けるプラントハンターとしてのキャリアをスタート。今では年間平均250トンもの植物を輸出入し、日本はもとより海外の植物園、政府機関、企業、王族や貴族などに届けている。


    2012年、“ひとの心に植物を植える”活動を行う、そら植物園を立ち上げる。


    初プロジェクトでは、「共存」をテーマにした世界各国の植物がひとつの森を形成している代々木ビレッジの庭を手掛け、その後の都会の緑化事業に大きな影響を与える。東日本大震災復興祈願イベントとして依頼を受け、全国的なニュースとなった「桜を見上げよう。sakura project」は、日本全国47都道府県から集めた桜を1本の巨大な桜の木に仕立てて、同時に都内でいち早く咲かせることに成功。2017年に141万人を動員した「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT 〜輝け、いのちの樹。〜」をはじめ、植物に関するイベントや緑化事業など、国内外のプロジェクトの依頼を次々と成功させ反響を呼んでいる。


    著書に「教えてくれたのは、植物でした」(徳間書店)、「そらみみ植物園」(東京書籍)など。


    西畠清順 Instagram:https://www.instagram.com/seijun_nishihata  (@seijun_nishihata)